奥飛騨温泉郷観光協会 > 露天風呂バックアップ

奥飛騨温泉郷ガイドマップ

イベントカレンダー見出し

画像集

動画集

奥飛騨温泉郷総合案内所

〒506-1421
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
新穂高

TEL:0578-89-2458
FAX:0578-89-3205

一般社団法人
奥飛騨温泉郷観光協会

〒506-1431
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
村上1689-3

TEL:0578-89-2614
FAX:0578-89-3200

当ウェブサイトでは、より快適にお楽しみいただくためにPDF形式のコンテンツをご用意しています。
コンテンツをお楽しみいただくために必要なプラグインは、下記のリンク先から入手可能です。

やすらぎの露天風呂

大自然によって形成された五つの温泉地。秘湯と言われる露天風呂から貸切風呂まで様々な温泉が楽しめます。 自然が織り成す五種五様の安らぎが 都会の喧騒に疲れたあなたの心も体も癒してくれることでしょう…。

エリア

平湯温泉エリア

平湯

武田信玄が飛騨へ攻め込んだとき、老猿が湯だまりで傷を癒していた…。これが発見の由来と言われる天下の名泉「平湯温泉」。 江戸時代には、北陸の諸大名が参勤交代のおりにここを宿場にして長旅の疲れを癒しました。 以来今日まで、至る所にこんこんと湯が湧き続けています。平湯温泉は乗鞍岳の麓にあり、今もなお、ひなびた温泉情緒がただようさわやかな温泉地です。

平湯民俗館・平湯の湯

 

木造茅葺きで入母屋風の民家を改造して作られた民俗資料館。
1階にはいろりの部屋や麻や布の衣服などを、2階には民具や農具などを展示し、飛騨の厳しい暮らしを紹介している。

 

【観光施設・日帰り入浴・食事処】

続きを読む

syousai

アルプス街道平湯(平湯バスターミナル)

 

1階には土産物屋・レストラン、2階には団体客を収容できる大きなレストラン、3階

には内湯と露天風呂の日帰り温泉があります。又、バスターミナル4番乗り場前に足湯もあります。

【日帰り入浴・食事処・売店】

続きを読む

syousai

ひらゆの森(平湯温泉)

 

奥飛騨温泉郷の中で歴史ある平湯温泉に露天風呂リゾート。
奥飛騨の原生林に広がる15000坪の敷地に点在する16箇所の露天風呂はまさしく壮観!
裸でめぐる開放感をどうぞ!
飛騨牛料理、麺類が楽しめる「レストランもみの木」も併設しています。
(平湯バスターミナルより徒歩3分)

【日帰り入浴・食事処・宿泊施設】

続きを読む

syousai

神の湯

 

昭和6年、村民の努力によりつくられた不動明王。
その近くに平湯温泉発祥の地である「神の湯」があります。 奥飛騨らしい趣をたっぷりと味わうことのできる共同露天風呂です。
(平湯バスターミナルより車で5分)
※冬期(11月降雪時~4月中旬)は休館となります

続きを読む

syousai

福地温泉エリア

福地温泉

平家の落武者伝説を残す、山里の素朴ないで湯「福地温泉」。 平安の世に、村上天皇がおしのびで療養されたことから『天皇泉』とも称される古い温泉です。

昔ばなしの里・五平餅村・石動の湯、福地化石館

 

囲炉裏をしつらえた古民家「昔ばなしの里 五平餅村」では、昔ながらの山里風景を再現。館内には男女別の内湯・露天風呂を備えた共同浴場「石動(いするぎ)の湯」の他、囲炉裏を囲んでの食事もお楽しみいただけます。
また、併設された「福地化石館【無料】」では福地より出土した多くの化石が展示されています。

【観光施設・日帰り入浴・食事処】

続きを読む

syousai

新平湯温泉エリア

平湯

歴史と伝統、そして新しい魅力もあわせ持つ、賑やかないで湯の里、新平湯温泉。 湯量豊富な新平湯温泉には、素朴な民宿から近代的なホテル、落ち着いた和風旅館まで揃っています。 高原のリゾートムードが漂う温泉地には貴重な歴史も残されており、元禄三年には念仏僧円空がこの地にある禅通寺に1年余り逗留し、素朴な「円空仏」を数多く残しています。

栃尾温泉エリア

平湯

神岡町から高原川に沿って奥飛騨温泉郷へ向かうと、最初にあるのが栃尾温泉です。 むかし、トチの木がたくさんあったことから、この名が付いたと言われています。庶民的で気どらない宿が多く、山菜や川魚を使ったおふくろの味が大好評。 また、栃尾温泉周辺では渓流釣りも盛ん。豊かな自然を欲しいままに、素朴なムードを満喫できます。

荒神(こうじん)の湯

 

蒲田川の河原にある共同露天風呂で入場料は志(200円程度)を入口の料金箱の中へ。
周りには、脱衣場と露天風呂と書き込まれた大きな岩があるだけです。 雄大な山々に抱かれながら、大自然をひしひしと感じることができます。

続きを読む

syousai

新穂高温泉エリア

平湯

北アルプスを仰ぐ高原に広がる新穂高温泉。豊富な湯が川床からこんこんと湧きでる露天風呂天国。白樺林のなかに、ホテルやペンションが立ち並び、リゾートムードもたっぷりです。 また、新穂高は井上靖の小説『氷壁』の舞台であり、北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳への登山口でもあります。

新穂高の湯

 

槍ヶ岳や笠ヶ岳を望みながらの露天風呂は一幸です。 ゆっくりと新穂高温泉の湯のぬくもりに身をひたせば、心まで四季折々のやさしい色に染まっていきます。
冬季~春季(10月31日-4月下旬)は休業となります。

平成29年度営業期間 4月25日(火) 14:00 -10月30日(月)

続きを読む

syousai

中崎山荘 奥飛騨の湯

 

新穂高ロープウェイ第一乗場付近に位置する日帰り入浴と食事処を兼ね備えた施設。
内湯(単純泉)、露天風呂(硫黄泉)と2種類の泉質がお楽しみいただけるほか、温泉の蒸気によるミストサウナや浴室内には湧き水と飲泉用の温泉もあり、温泉を満喫することがきます。
また館内の食事処は飛騨牛朴葉ステーキやラーメンなどメニューも豊富です。

【日帰り入浴・食事処・休憩室】

続きを読む

syousai

新穂高ビジターセンター「山楽館」(新穂高ロープウェイ内)

 

新穂高ロープウェイ第2乗場にある山と自然をテーマとした展示館。
ガイドウォーク・きのこ採り・スノーシューツアーなどイベントの主催、周辺観光の案内も行っています。
館内にある天然温泉露天風呂「神宝乃湯」で寛ぎのひとときをお過ごし下さい。
(スノーシューのレンタル有)

続きを読む

syousai

ひがくの湯

 

新穂高温泉地内にある日帰り入浴と食事が楽しめる施設。
館内には鉄道ジオラマが展示してあり、鉄道ファンならずともお楽しみいただけます。
開放的な露天風呂と飛騨牛料理や各種定食などメニューも豊富です。
【日帰り入浴・食事処】

続きを読む

syousai