新平湯温泉、神明(しんめい)神社境内で行われる夏の伝統イベント。
岐阜県の重要無形民俗文化財にも指定されている「鶏芸」が毎晩実演されます。平家の落人がこの地に住み代々子孫に伝えたものといわれ、「シャガマ」と称する雄鶏の羽根の冠をかむり、「カタビラ」と称する龍と孔雀の羽根模様を染めた衣装を身につけ、笛・太鼓にあわせて鉦をうちならしながら舞います。
その他にも郷土芸能の「獅子舞」や「宝太鼓」の実演の他、盛大な絵馬市、夜店などが開催されます。

寶太鼓

獅子舞

絵馬市

  • 開催期間 : 平成29年8月5日(土) – 8月21日(月)【※曜日の巡りにより変更の年あり】
  • 開催時間 : 20:30 –
  • 開催場所 : 新平湯温泉「神明神社境内」(〒506-1432 高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根)
  • 郷土芸能「鶏芸(岐阜県重要無形民俗文化財)」「獅子舞」「寶(たから)太鼓」の実演披露
  • 絵馬市、夜店の開催
  • 神社を中心にぼんぼりによるライトアップ

* イベントの内容は変更になる場合があります。